餅米が旨味の秘訣

鳥取焼鯖鮨(餅米入り) 

製造者 ねくすとぽけっと 鳥取市新品治町16番地(道の駅河原で購入可能)

ジューシーな焼き鯖の旨みと、しっとりとした餅米一度食べたら病みつきに

お店でランチを食べるのもいいけど、鳥取は美しい景色が、ほぼ貸し切り状態で楽しめるから、レンタカーで、絶景まで出かけて行って、お気に入りの場所で、お弁当を食べるっていうのは、かなりおすすめです。鳥取に住んでいる私でも、四季折々に、姿を変える景色を眺めに、時々ドライブに出かける。そんな時、たまたま、河原の道の駅で、見つけたこの鯖鮨、美味しくてハマりました。初夏なら、山に出かけて、自然に自生する、山椒の葉っぱを掌に載せて、パンと叩いて香りを出して、鯖寿司に乗せていただくと一層美味しくいただけます。

どうしたらこんなにジューシーに焼けるのというくらい、毎回、脂の乗ったサバの焼具合に加えて、寿司明の酸味と甘味のバランスが絶妙で、お醤油も、何も付けずにペロリと一本食べられてしまうから不思議。ちっとも生臭くないのです。

しっとりとした鮨飯の隠し味は、餅米。これが、計算された、配合で、甘みをグレードアップさせています。

まずは、醤油をつけず、そのまま食べてみてください。少し味わってから、好みでお醤油をつけたり、甘酢の加減がちょうど良い生姜の甘酢付(ガリ)をほうばりながら、アクセントを楽しんでください。日帰りの方は、是非家族にもお土産にどうぞ。日によっては、すぐ売り切れてしまっていることもありますし、あまり早く行っても、まだ入荷していないこともあります。電話して確認を。

河原道の駅 https://yakamihime.com/