WHAT WE PRODUCED

プロデュース事例

「レイガーデンでウェディングできて本当に良かった!    後悔のない幸せな1日となりました」

「レイガーデンでウェディングできて本当に良かった!    後悔のない幸せな1日となりました」

家族、親族に限定した、アットホームな少人数ウェディング
大変なにぎわいのゴールデンウィークの鳥取砂丘です

同じ職場で知り合ったお二人。鹿児島出身の新郎様と鳥取出身の新婦様の
ウェディングにかける願いは
・離れているからなかなか会うことのできない両家が仲良くなってほしい!
・100歳の新婦のおばあちゃまにも参列してほしい!
・鳥取らしいところで結婚式をしたい!

そんなお二人が選んだウェディングのカタチは
「たくさんのゲストを招待するのではなく、あえて親しい家族・親族のみの結婚披露宴。」

アットホームな家族婚

最初、司会も音響もプログラムも必要ない、式とお食事さえできれば・・・
と誰もが思いがちですが、

初めて二人のことを知る両家の親族様、
これまでいっしょに過ごしてきたたくさんの時間にいったん仕切りをつける新婦のお母様、
はるばる鹿児島から車で来鳥し参加してくださる新郎様の祖父母様など、
いろんなゲストの気持を考えると、
やはり人数少なくてもきちんとしよう・・・

お二人なりのおもてなしをしようと、心決められました

当日の朝、レイガーデンには珍しく霧雨と砂丘の風。
ガーデンでの挙式を楽しみにしていらっしゃった新郎新婦様でしたので
館内式場であっても心に残る式にしてあげたい!
スタッフも気持はひとつ。急きょ
新婦のお母さまのベールダウンを、式場だからこそ丁寧に皆様の前で行うことに。

 

泣かない、私の大事な役割だから・・・そんなお母さまの心の声が聞こえてくるようでした。

天国に行ってしまわれた新婦のお父様も、今日はいっしょに参列。
どんな気持ちで見つめてくださったでしょうか

きっと彼女に似合う真っ白のバラ。

新郎がみんなからいただいた気持ちをひとつにまとめるように
ひとつの花束に束ね、プレゼント

改めて伝える、彼なりの精一杯のプロポーズ!
結婚が決まってから、なんとなく進んできたことに不安を感じていた花嫁様には、
こんなにしっかりと堂々と伝えてくださった新郎に驚き、喜びを隠せない様子でした

ほっとした笑顔の二人は、みんなからのフラワーシャワーで見送られて退場
緊張がほどけた瞬間でした

 

タイミングを見計らうように上がった砂丘の雨。

内緒で準備したバルーンを手に、二人の登場を待ちます


鳥取砂丘の大空へ放つ、サムシングブルーのバルーンに全員で願いを込めて・・・

出席ができるか、ずっと気にしながら今日まで来ましたが、

念願だった、新婦おばあ様の参列も、みんなの力を借りながら叶いました!

おばあ様に近くで結婚を見届けてほしいから、挙式場への移動、

ガーデンへの移動も、サポートの男性陣に新郎も加わっていっしょに手伝いました。

 

披露宴会場は、レイガーデン赤い壁のカフェで。

新緑が美しいガーデンを眺めながらゆったり過ごしたいというご希望から。


今日のためにご用意された、レイガーデンの創作コース料理は、

みんなが食べやすい和食をベースにしています。

 


それにしても、綺麗。。。新婦のヘアは後ろ姿も気がぬけませんよね

特製ウェディングケーキは、生クリームの苦手な新郎様のためにチョコレート仕様に。
会場の雰囲気に合わせて、黄色やオレンジ系のお花やフルーツで仕上げました。

 

今度は新郎新婦からのサプライズ!

今日はゲストひとりずつ全員に感謝のひと口のサンキューバイトです

 


二人のメインテーブルに自然に集まるゲストの皆さま

ガーデン背景でリラックスしてえ楽しそう

いつの間にか両家のゲスト同士があちこちで笑い合う温かい時間。。

家族・きょうだいからの思いがけない言葉が胸を打ちます
今日だからこそ、今日しか言わないかもしれない想いを打ち明けて・・・

いよいよ、お手紙朗読の瞬間。なんだかお二人が晴れ晴れとした表情!

直前まで、手紙を読むことにためらっていた新婦様。
読んだらきっと泣いてしまう、楽しく過ごしたいと言っていた母の意図と

違うカタチになってしまうんじゃないかな・・・

でも、こんなにたくさんのみんなからいただいた言葉があるから、

やっぱり私もちゃんと伝えよう!
今日しか言えない言葉があるから。

実は両家のお母さまへ、二人へ向けてのお手紙をこっそり準備していただいていました。
20年、30年も二人のことを見守って来た一番の理解者であるお母さまだからこそ、
今日この出発の日に伝えたいメッセージがあるはずだから・・・

新郎様のお母さまからのメッセージは、

今日までまっすぐに育った新郎様との家族の歴史を、そしてエールを・・・

新婦様のお母さまからのメッセージは、

この先どんな女性に、どんな母になってほしいのか、願いを込めたエールを・・・

それぞれにしたためて二人へ手渡されました。
快く引き受けてくださったお母さま方、本当にありがとうございました。

 

今日は絶対に泣きたくない!

そうおっしゃられていた新郎様からの絞りだすような最後のご挨拶。

ゲストのあたたかい言葉、エール、今日だからこそ告白された秘めた想いなどを受けて、
たくさんのありがとう、改めて伝える家族への愛情、新郎様なりに決意を言葉にしたプロポーズ、

認めてくださった新婦のご両親への感謝、
ちょっぴり情けない自分を見守ってくれてる新婦様へ、これからもよろしく・・・

ほんとはこんなにも伝えたいこと、伝えなければいけなかったことがいっぱいあったんですね。
いつもは楽しいキャラでごまかしてしまう新郎様だからこそ、

声を震わせて涙ながらに伝えるメッセージが、

ここにいた全ての人に感動を与え、
この人になら任せられるなっていうみんなの安心につながった、そんな瞬間でした。

けいすけさん&さやこさん♪
プランナーの私が、こんなに泣いてごめんなさい!って思うくらい

素敵な結婚式をお手伝いさせていただき、本当にありがとうございました。
お二人の顔付きが挙式前から徐々に変わっていき、

(緊張&実感→ 安心&楽しくうれしく→ 感謝&決意)

結婚式当日だけでずいぶん大人になられたな、
夫婦になられたな、と感じられたウェディングはとなりました。

と同時に、家族・親族だけの少人数ウェディングってあったかくて素敵だな!

と皆さんも感じてくださったのではないでしょうか。

両家のゲスト様も、初めて出会われた方も多かったであろう中で、

披露宴のおひらきにはみんな仲良く、嬉しそうに、

鳥取と鹿児島のギャップなんて問題じゃない、

むしろ共通してることがたくさんでびっくり!

なんて声も聞こえてきて、やっぱり今日のこの日が二人には必要だったんだ、

って実感させられた1日でもありました。
お二人には心強いサポーターが、たくさんいらっしゃいますね。

短時間で大変だった、ウェディングの準備も終わってしまえばお互いにさみしいものです。
でも、このウェディングの準備期間で二人の絆が強まり、

両家の結束ができたはずですから、この先もきっと大丈夫☆

妊娠中でも短期間で準備できましたよね、

また可愛い赤ちゃんに会わせてほしいから♪

いつでもレイガーデンに帰ってきてくださいね!

CATEGORY ブログカテゴリ
HOT KEYWORD 人気のキーワード
MOST READ 人気の記事
上司が「(結婚式)もう一回やったらいいのに」 と言ってくださいました..

上司が「(結婚式)もう一回やったらいいのに」 と言ってくださいました..

スタッフと共にゲストをおもてなしできる結婚式だと思います..

スタッフと共にゲストをおもてなしできる結婚式だと思います..

「結婚式を挙げるなら、ここしか無い!」 って思いました..

「結婚式を挙げるなら、ここしか無い!」 って思いました..

ウェディングフォトは自分たちらしさを存分に楽しんで!

ウェディングフォトは自分たちらしさを存分に楽しんで!

「レイガーデンでウェディングできて本当に良かった!    後悔のない幸せな1日となりました」

「レイガーデンでウェディングできて本当に良かった!    後悔のない幸せな1日となりました」

とびっきりの笑顔!がんばった証!

とびっきりの笑顔!がんばった証!

COPYRIGHT(C) IDANISYOTEN ALL RIGHTS RESERVED.